スマイル歯科ブログ
スマイル歯科ブログ > おすすめ記事 > 歯磨きすると出血するのはどうしてですか?

歯磨きすると出血するのはどうしてですか?

当院でも「歯ブラシすると出血する」と言われる患者さんが来られます。

軽度の歯肉炎であれば、
歯ブラシを腫れている歯肉にしっかり当てていればだんだん良くなります。
一番良くないのは、出血するからと言って軽く磨くようにしたり、
出血する部分をあまり磨かなくなる事です。

もちろん、尖ったものを食べて傷ついて出血したとかなら話は別です。

では、原因はなんでしょう。
原因は歯肉の炎症です。歯肉の炎症を起こす犯人はプラークと呼ばれる
細菌の塊です。軽度の歯肉炎であれば、ごく初期なので正しいプラークコントロールを
覚え、歯科衛生士による歯肉縁上の歯石を取ることですぐに良くなるのですが、
それ以上進行すると話は違います。

一般的な歯周炎の状態では、歯肉の内縁上皮は潰瘍状を呈していると言われており、
中等度の歯周炎では、その面積は手のひら位あると言われています。

きちんとしたプラークコントロールを身につけたうえで、歯科衛生士による歯肉縁下の
歯石を取ることでだんだん歯肉の炎症が収まってきます。

だだ、歯周炎の感受性が高い人低い人がいて、お酒に弱い人強い人がいるように
同じ量のプラークが歯面に付着していても歯肉が腫れる人、そうでない人がいます。

どちらにしても、歯磨きでの出血は歯周病のサインと思いますので

速やかに歯科医院を受診し、自分の歯肉がどのような状態なのかを診断していただけると
良いかと思います。

また、治療を行い出血の量が減っくる事で、歯周病の改善の分かりやすいバロメーターと
とらえていただく事もできます。

copy right Smile Dental clinic


TOP