スマイル歯科ブログ
スマイル歯科ブログ > おすすめ記事 > COの中にある「隠れ齲蝕」の見落としがないよう細心の注意を払っています。

COの中にある「隠れ齲蝕」の見落としがないよう細心の注意を払っています。

今まで、COと呼んで虫歯のなりかけのような部分は、
予防的に経過観察を行うような流れになっていましたが、
その中に歯科医師も気づかずに重症化してしまう虫歯がある事が最近分かってきました。

レントゲンや、光の反射距離から判断するダイアグノデントや虫歯が浮かび上がるライトを使用し、
診断するのですが、様々な診断ツールからり抜けてくる「隠れ齲蝕」の存在が最近は明らかになり
歯科医師を悩ませます。

最近は、今までの基準で経過観察していた着色程度でも、場合によっては処置の対象としています。
確かに着色程度で済む場合もあるのですが、虫歯の進行が疑われるケースもありました。

シーラントも諸刃の剣で、うまく機能している時はいいのですが、
接着力が弱いので、破損しやすく、破損部位から齲蝕が進行することや
シーラントの下に隠れ齲蝕があった場合、発見が遅れることがあります。

「隠れ齲蝕」があると疑っているのといないのとでは、診断に大きな違いがあります。

若年者はまだ、永久歯の表面のエナメル質が脆弱であります。

経過観察していた齲蝕の中で重症化していくケースがある事を踏まえて

今後も細心の注意を払いながら診療していきたいと思います。

 

群馬県 前橋 渋川 吉岡町で
歯周病、インプラント、定期検診なら
スマイル歯科クリニック

copy right Smile Dental clinic


TOP